捨てられない

「コレ、よかったらどうぞ」

知人がパーシモンヘッドのクラブを持ってきてくれた。

捨てようとなんども思ったが捨てるに忍びなく、

ずっと持ち続けてきたという。

「雑誌とかの企画で使うかなぁと思って」

たまたま私の顔を見てそう思ったという。

 

思い出の道具なんだろうな、と強く感じた。

ここに置いておけば、誰かが欲しがってくれるかもしれませんね。

 

 

この記事を書いた人

アバター

CLUBER

Cultivator/ Yoshiaki Takanashi
ゴルフの雑誌作りに携わって20余年。独立起業してから5年が過ぎたモノ好き、ゴルフ好き、クラフト好き、信州好きな、とにかく何かを作ってばかりいる人間です。
ポジション・ゼロ株式会社代表/CLUBER BASE TURF & SUPPLY主宰/耕す。発起人
記述は2018年現在