童心にかえる。

オオクワガタよりもミヤマやノコギリが好きだった。この立派な顎に夢中になった幼少時代を思い出す。

夏休みの自由課題は昆虫採集ばかり。ラジオ体操の前に一仕事、定番ルートの神社の杜巡りが日課であった。いまどきはケースに入った輸入品のカブトムシがホームセンターで売られたりしているが、日本のそいつらも結構格好いいものだ。
つい先日ゴルフ場のラフの奥、視線にいたこいつ。立派なノコギリクワガタに興奮し、少しのあいだ幼少時代にタイムスリップをした。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー