ゴルフクラブは美しい

僕はゴルフクラブを眺めるのが大好きです。特にヘッドの曲線や曲線のつながりを観察します。

ウッド形状だったら、クラウンの全体の形や、横から見た時の前から後ろへの流れるライン、そのあたりがグッときます。

ゴルフクラブヘッドって、なんでこんな形なんでしょうね?

おそらく、100年以上前からの人々が考え出した英知の塊ではないかな?って思ったりしています。

僕の中では、ゴルフクラブヘッドは芸術品。

山の形や、木の枝の張り具合など、自然もそういった目線で、どうしてこの形になったんだろう~って考えながら見ていると時間を忘れてしまいます。

それと近いのかもしれませんね。

久しぶりのつぶやきでした。

この記事を書いた人

三瓶大輔

三瓶大輔

Cultivator/ DAISUKE MIKAME
(しごと)
93年よりブリヂストンスポーツゴルフクラブ開発部に所属。主に計測評価グループで同社ゴルフクラブのほぼ全モデル(J’s、 TOURSTAGEなど)に関わりました。01年に同社ツアー担当として渡米、日米のトッププロとコミュニケーションをとるようになりました。03年後半からはアクシネット(タイトリスト)に移籍。総合契約選手を担当する傍ら、若手発掘の一環として有望な学生たちとの交流も始まりました。09年よりウェッジ・パター専任となり、スコッティ・キャメロン、ボブ・ボーケイの2大巨匠から多くのことを学んでいます。現在はその経験を活かし日本国内でボーケイの哲学を広めるため、国内で唯一となるウェッジフィッティングイベントを毎週末開催。これまで担当したゴルファーはのべ1,500人を超えています。
(じぶんのどうぐ)
自分の使う“道具”にも相当こだわっています。ゴルフ歴37年、ありとあらゆるクラブ、スペックをテストしてきました。その経験も加味して、自分なりにゴルフクラブの理想像をもっています。JGA ハンディキャップ最高+1.4。慶応義塾大学理工学部卒。