環境の秩序

地球温暖化の測定数値をみて議論するのも結構だけれども、理性をもって考えれば推察できる答えは別のところにあるように思う。何処まで人間は欲が深いのだろうか、と自戒を込めてそう思う。

植物も動物も生命を全うしたのちに物質に帰る。老いて朽ちていくときに、それを恵とする別の生命のエネルギーとなる。枯れた木にはキノコが生え育ち、朽ち果てるころには自らは胞子を飛ばしまた枯れていく。子供のころに学習したはずの生態系とはそういうものだ。世界地図を描くときに自国を中心に描く人間は、生態系の縮図も人間を頂点にするけれど、実はそうでもないかもしれないとこの頃の騒ぎを見ててそう思う。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー