球打ちだけがゴルフに非ず

普通の人よりゴルフコースにいる時間は長い。ゴルフにかかわることを生業として人生の半分以上過ごしてきたから感じることかもしれないけれど、ゴルフコースはやっぱり美しい。朝と夕暮れはまた別格に美しくなる。眺めるもよし、深呼吸するもよし、お茶を飲みながらぼーっと黄昏れるもよし。球打ちだけに夢中になるにはあまりにも勿体ない美しい場所だ。もっとゴルフが身近になる為の工夫が出来たらいいな、なんて思う2021元旦、絶好のゴルフ日和です。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー