ドライバーは飛ばすクラブ?

21.4世紀ゴルフ㊾
今回はドライバーでのティーショットについて、21.4世紀ゴルフ的な1つの考え方をお話しします。

まず、質問です。ドライバーは、「飛ばすクラブ」ですか?

アマチュアゴルファーの皆さんを見ていると、ドライバーは「飛ばすクラブ」と思いこんでいる方が多いように感じます。結論から先に言うと、ドライバーは「飛ばすクラブ」ではないんですね。

さらに唐突ですが、あなたの7番アイアンの飛距離は何ヤードですか? 仮に、飛距離150ヤードだとして、ドライバーは何ヤード飛ぶと思いますか?

わかりやすく、単純に番手間の飛距離差を10ヤードとして考えてみましょう。(矢印1つ=10ヤードです)

7I ⇒ 6I ⇒ 5I ⇒ 4I ⇒ 3I ⇒ 5W ⇒⇒ 3W ⇒⇒ 1W(ドライバー) 

7番アイアンから1W(ドライバー)まで矢印がいくつあるかというと、9個あります。

ということは、7番アイアンより90ヤード飛ぶということですね。

ですので、この場合、ドライバーショットの飛距離は240ヤードになります。

これは、「240ヤード飛ばす」のではなく、7番アイアンと同じように振れば「240ヤード飛ぶ」ということです。

この例のゴルファーも、おそらくピンまで150ヤードで7番アイアンを持った時、飛ばそうとは思っていないと思います。

そうです。アイアンでは“狙って打っている”はずですね。そう考えれば、ドライバーも「飛ばす」クラブではないことがわかると思います。 

ドライバーは、「最も遠くにある目標を狙って打つクラブ」だということです。

今度、コースでプレーする時に1つこんなことをやってみるといいと思います。

7番で150ヤードであれば、ドライバーでは240ヤード先の目標地点を中心に、半径20ヤードのグリーンを想定して、そのグリーンにオンさせるように打っていきましょう。

実際にやってみると、思っているより高い確率で狙ったグリーンにオンできると思いますよ。

ドライバーで飛ばすのではなく、ドライバーでも狙う。

お試しを。

この記事を書いた人

伍井 佳介

伍井 佳介

Cultivator/KEISUKE GOI
おそらく、日本で一番練習しないプロゴルファー。練習しないで上手くプレーする方法を日夜考えています。広告代理店、クラブメーカー、シャフト・グリップメーカー、プロゴルファー、クラブフィッテイングを経て、21.4世紀ゴルフ レッスンを開始。アマチュアゴルファーの方々に、ゴルフを少しでも長く・楽しくプレーして欲しい思いから「21.4世紀ゴルフ」を提案してます。

1956年東京・池袋生まれ 
立教大学 経済学部 卒
公益社団法人日本プロゴルフ協会 トーナメントプレーヤー会員