寒くても枯草色に変わらないライグラスやケンタッキーブルーグラスにベントグラス、そしてスズメノカタビラの生える北海道のコースは紅葉が特に美しい。

眼に映える紅葉はどこにでもあるけれど、芝生の上をあるきながら見られるのがゴルフコース。サッカーコートより広い敷地に数人しかいない、ありえない贅沢な空間だ。球打ちに夢中になるのも仕方ないけれど、ちょっと一息つきながら、この季節ならではの彩を愉しんでは如何だろうか。

この記事を書いた人

八和田徳文

八和田徳文

Cultivator/Norifumi Yawata
ゴルフの仕事に携わって四半世紀。ゴルファーの一人として、ゴルフコースデザイナーの一人として、ゴルフに纏わる想いを綴ります。肩の力を抜いて愉しめばゴルフはもっと面白いはず。
ゴルフコース設計家・ゴルフ文化愛好家・芝生管理アドバイザー